音楽葬とはどのような葬儀で、注意すべきことは?

音楽葬とはどのような葬儀で、注意すべきことは?

楽葬とは、音楽を用いた葬儀のことをいいます。特に形式はなく、自由葬の一つといえます。最近では音楽葬を行う人も増えてきています。
音楽葬に用いる音楽には特に決まりはありません。故人の好きだった音楽や個人の思い出の音楽を流す場合が多いようです。クラシック音楽も人気が高いです。また、生演奏で行うものも人気があり、ピアノや弦楽器を用いて行われます。音楽葬は形式が決まっていないため、式次第や、どのタイミングでどの曲をかけるか等を打ち合わせでしっかり決めることが重要です。
音楽葬を行う場合に注意すべきことは、斎場が、音楽を流したり、楽器を演奏したりできる場所であるかどうかという点です。また、依頼する葬儀業者が音楽葬に対して経験があり、フォローをしっかりとしてくれるかという点です。



音楽葬を本葬儀とは別に行う方式の長所


音楽葬の葬儀のスケジュールとしては、仏教スタイルの葬儀を省略して、音楽葬を主な葬儀として行う場合や、一般の仏教スタイルの葬儀を行ってから10日くらい後に音楽葬をメモリアルイベントとして行う場合など、お客様の要望を主にしてイベントの枠組みを行っているそうです。
音楽葬を本葬儀とは別に行う方式の長所としては、良い音響施設を利用することで、高い質のメモリアルイベントを行うことが出来き、都合により仏式の通夜や本葬儀に出席出来なかった方が、別に行われる音楽葬に出席するチャンスができるということです。
音楽葬であれば、堅苦しくない趣味の仲間等、真の意味での友人との葬儀にもなるので、心から故人を追悼することが可能になります。

音楽葬・家族葬・無宗教葬について