任意売却後も同じ家に住み続ける方法

任意売却後も同じ家に住み続ける方法

自宅を任意売却すると、基本的にはその家に住み続けることができなくなります。
とはいえ、住む場所を変えるというのはとても大変なことです。生活環境が大きく変わる為、高齢者や子供がいる家庭ではできるだけ住環境を変えずに済ませたいと考えていることも多いものです。
任意売却によって自宅を手放すことになっても、場合によってはそのまま住み続けることが可能になるかもしれません。これにはいくつかの条件が必要になりますが、不可能ではないということを知っておいた方が良いでしょう。
通常の任意売却では、買い手は全くの他人になってしまうのが一般的です。それゆえにそのまま居住を続けられなくなってしまうわけですが、リースバックという方法を取れば、引越さなくても済むのです。 リースバックというのは、任意売却の際に企業や投資家などに自宅を買い取ってもらい、賃貸という形にしてその家に住まわせてもらう方法です。
賃貸という形になる為毎月家賃を納めることになりますが、住宅ローンの返済よりも少ない家賃で済めば、負担を軽減しながらも同じ家で生活することができるのです。
こうした相談は任意売却の専門業者で行うことができるので、任意売却を検討している方は一度相談してみると良いでしょう。



ご近所付き合いがあると競売は辛い。任意売却があるでしょ!!


ご近所付き合いがたくさんあればあるほど、ローンが払えなくなり自宅を手放す自分が惨めに感じます。
普段は家にいない旦那様よりも奥様のほうが惨めに感じるようです。ご近所の人達に哀れだと思われるのが我慢できないことでしょう。 できればご近所には本当の理由を知られることなく、ただ引越しをするという別れにしたいものです。
しかしながら競売だと新聞やチラシに掲載されてしまうので、すぐにご近所の人達に悪い噂が広まってしまいます。それだけは避けたいですよね。だったら任意売却という手段があります。まだ競売になっていないなら任意売却ができる可能性があるのですぐに専門の相談員に相談してみてください。
任意売却は誰でもできるわけでなく一定の条件をクリアしていないとダメです。まずは自分が任意売却できるのかそれを知ることが重要です。もし任意売却するための条件が足りないなら、それを補えるのかも相談員に聞いてみましょう。
成せば成る!です。競売でご近所に知られたくないなら、なんとしてでも任意売却にすべきです!



東京都下(市部)】