無宗教葬と言ってもさまざまなものがあります

無宗教葬と言ってもさまざまなものがあります

一言で無宗教葬と言ってもさまざまなものがあります。
無宗教葬の中で故人が好きであったり、ゆかりがあったりするような市販のテープやCDを流すようなものがあります。
また、無宗教葬では演奏者に生演奏を行ってもらったり、故人が残したりしているような曲を聞くというようなものもあります。
また、合唱団などに故人が属していた場合は、その合唱団の仲間が無宗教葬で歌うような場合もあるようです。
最近は、生前予約の際に「葬儀では好きなこの曲を流して欲しい」と、無宗教葬の際の曲目を自分で指定する方も増えているそうです。
どのスタイルにせよ、故人に関係がある音楽を無宗教葬で流すことで、その曲を今後も聞いたときに故人のことを思い出すようになると言うことも無宗教葬のいいところです。



無宗教葬の一般化に伴う新提案


現在では芸能人や著名人でなくとも無宗教葬というものが一般的になった気がします。一般の方々にも浸透してきたということで、無宗教葬の新提案として葬儀屋は2・3次会のオプションカラオケのプランを導入したらどうかと思う。いってみれば結婚式の2・3次会のようなものだ。それはいくらなんでも不謹慎だと思う人もいるかもしれない。しかし実際の葬儀でも本葬が終わったあとは食事の席が設けられ、その場では案外明るめの雑談もされている。無宗教葬という面目があるのでカラオケとなっても、流れとしてはそれほど不自然にはならない。歌を唄うという行為は感情を込めやすい。故人を偲んで唄に思いを込める習慣が無宗教葬で定番化すれば、無宗教葬向けの楽曲が注目されるようにもなるかもしれない。

葬儀について