家族葬について

家族葬について

家族葬とは、近年定着してきた葬儀のスタイルで、不特定多数の方が弔問に訪れることのできる一般的な葬儀に対して、近親者や特に親しい者だけで行う葬儀をいいます。
家族葬は、時代の流れを反映して、1990年代から使われるようになってきた言葉で、厳密な定義はありませんが、通夜・告別式などを少人数で行う形式という意味でつかわれることが多いようです。
この家族葬は、後日本葬を行わないことが一般的ですので、遺族のみでお別れをして火葬を行った後に、後日本葬をする密葬とは異なるといえます。
家族葬のメリットとしては、少人数で静かに故人とのお別れができることが挙げられます。
一般の葬儀だと、弔問していただいた方への対応に追われてしまう場合が多く、返礼など出費も多くなるという部分を避けることができるのです。
また、家族など少人数で執り行うため、葬儀の本来の目的である故人を偲ぶことに重点を置くことができることもメリットとして挙げられるでしょう。
さらに、家族葬が近年注目されている一因としては、費用が明確に算出でき、比較的安価に抑えられるということもあります。というのも、一般の葬儀で、参列者が実際どのくらいになるかを正確に把握することは難しく、参列者のためにかかる費用が正確に見積もられないケースが多いからです。
ただ、家族葬は自由葬と異なり、特定の宗派を基礎に行うことが通常ですので、仏式の場合は、僧職をよぶことになります。そのため、戒名料や読経料といった部分は当然にかかることになります。
家族葬のデメリットとしては、基本的に弔問を受けないことになるので周囲に理解していただくことが難しい点や寂しい印象をもたれてしまうことになる場合があることがあげられます。また、お別れをいいたいと考える方が葬儀後に断続的に訪れるケースも多く、気持ちに区切りがつけにくいこともデメリットとして挙げられるでしょう。
このようなメリット・デメリットのある家族葬ですが、費用をそこまでかけずに、身内のみで行いたいと考える消費者の需要と相まって今後も一層伸びていくのではないでしょうか。