鳥葬について

鳥葬について

鳥葬や風葬は、ご遺体を大気に触れるように安置するという点で共通しており、日本でも行われていました。これらは、野葬とよばれたり、曝葬とよばれたりすることもあります。これら方法は、自然葬の一種としてとらえることができるでしょう。
現代の日本では基本的にご遺体を放置することは刑法上禁じられており、場合によっては遺体損壊罪や遺体遺棄罪に問われる場合もありますので注意が必要です。
それでは、鳥葬と風葬について簡単に見てまいりましょう。
鳥葬とは、ご遺体を地表に安置し、鳥に啄ばませる方法で行う葬儀で、現在でもチベット等で行われているので耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。
鳥に啄ばまれることから残虐であるとの声もありますが、チベット仏教においては、魂の抜けた後の肉体は殻であり、鳥を介することでその肉体を天に送り届けるといった意味を持っており、決して残虐な方法とはいえないと思われます。これに加えて、薪などの火葬のための燃料を確保するのが難しい地域で行われていることにも特徴があります。
日本では、鳥葬と訳することが一般的ですが、他に天葬・空葬と訳される場合もあります。
また、チベット仏教だけではなく、インドのゾロアスター教においても鳥葬が行われる場合があります。
次に、風葬とは、ご遺体を崖・洞窟・樹上などに安置し、風にさらし風化を待つ方法で行われる葬儀のことをいいます。日本では、崖下墓の習慣が石垣島や宮古島といった南西の島々に残っており、かつては沖縄や奄美などで見られました。
風葬には、ご遺体をそのままの状態で大気にさらし、風化を待つスタイルと布やむしろなどで包んでおくスタイルがあります。
しかし、現在では、公衆衛生上の要請から、風葬は行われなくなり、埋葬が一般化しています。
このように、現在においては埋葬が一般的になってきていますが、埋めるという方法が唯一の葬儀方法ではありません。もっといえば、現在まで行われている葬儀の方法以外に、さらに古くから行われてきているものも多くあるのです。
そこで、自分の価値観においては残酷であると感じたとしても、他者のもつ伝統的な文化はたやすく否定すべきでないと私は考えています。