香典についての豆知識

香典についての豆知識

香典の相場については、ネット上でもいろいろな意見があるようです。
香典の香の字はお香の意味です。香に代わりに供えるお金という意味です。
ですので、お布施と同様に本来は相場などあってはいけない種類のものと言えます。

そうは言っても、これまたお布施と同様、相場がないと不安なのが香典です。
香典は地域差、故人との関係、故人の社会的地位などで異なってきますが、一般的に言われている相場はおよそ下記のとおりです。

両親・・・100,000円
兄弟・・・50,000円
親しい友人・・・10,000円
友人/知人・・・5,000円
会社の上司・・・10,000円
会社の同僚・・・5,000円
ご近所さん・・・5,000円

あくまでも目安ですが、参考になると思います。

通夜などの受付で、香典を袱紗や小風呂敷から出す方を見かけると、きちんとしている方だなという印象を持ちます。

そもそも香典もお供え物ですから、いくら香典袋に入れていても、そのまま持ち歩くのはやはりよろしくありません。ましてやズボンのポケットから香典を出す姿を見かけると、少々がっかりします。

お供え物を大切に包んでお持ちするために、袱紗や小風呂敷に包みますが、これにより折れたり濡れたりの様なトラブルも防ぐことができます。
大人のたしなみとして是非用意しておくと良いと思います。

香典の表書きは、
御香典、御香料、御霊前などとし、裏書として香典の金額、住所氏名などを記します。

また香典を差し出す際は、受付の机で袱紗・小風呂敷を広げ、相手に表書きが読める方向でお渡しします。

余談ではありますが、不景気の影響なのでしょう。香典泥棒が本当にいるらしいのです。
喪服を着用し、数珠を持ち、受付で「喪主が呼んでいますよ」などと言い、その間に奪い去るというのです。
大きな葬儀や社葬などでは、数百万円もの香典が一日で集まることもありますので、十分な注意が必要ですね。
また、香典を祭壇に供える場合には、必ず中身は抜かないといけません。