葬祭費の受給申請

葬祭費の受給申請

葬儀費用の相場が250万円と言われる昨今です。
ご家族が亡くなると、なにかとお金が出ていくものです。
とてもじゃありませんが、お香典だけでまかなえる金額ではありません。
そこで、貰えるものはきちんと貰いましょう!なお話をしていきます。

国民保険加入者が死亡した場合、その葬儀を行うものに、公的保険(社会保険、国民健康保険、労災保険)のいずれかから、葬祭費を受け取ることができます。

死亡の日から2年以内に申請しなくてはならないことになっています。埋葬料の存在すらご存じない方もいらっしゃいますので注意が必要です。

□社会保険加入者
必要なもの:健康保険証、埋葬許可証、印鑑、口座番号
社会保険の被保険者、またはその扶養家族が死亡した場合、共済組合や健康保険組合から葬祭費が支給されます。
社会保険ということで会社の担当部署にて手続きをします。通常は総務課などでしょうか。
会社で手続きができない場合は、社会保険事務所や健康保険組合に出向き、手続きをします。

□国民健康保険加入者
必要なもの:国民健康保険証、年金手帳、印鑑、口座番号
国民健康保険の被保険者、またはその扶養家族が亡くなった場合については、平均で5万円程度の葬祭費が受け取れます。
手続きは、各市区町村役場の健康保険課で行います。

□死亡の原因が業務上や通勤途上にある場合
必要なもの:死亡診断書やしたい検案書
通勤途上、または業務上の理由で死亡した場合は、健康保険ではなく、労災保険から葬祭料を受け取ります。
手続きは、労働基準監督局となります。
給付の金額は、給付基礎日額の30日分+31万5千円、または60日分のどちらか多い方となっています

と、なにやら面倒くさそうな手続きをご紹介しましたが、なにかとお金の必要な時ですので、やはり助かりますよね。
また、葬祭費の受給以外にも生命保険の請求など、細かなやることが山積しています。ひとつひとつできるところから手をつけていくことが必要ですね。