葬儀・告別式に臨む際の会葬者の心得

葬儀・告別式に臨む際の会葬者の心得

通夜の場合は開始時間よりも早く着かないことがマナーとされていますが、葬儀・告別式はその逆ですね。10分くらい前には到着し開始時間には受付を済ませておくのがマナーとなります。

葬儀・告別式の場合は、式の後の火葬場に時間予約がされているため、式は必ず時間通りに始まるのです。遅れて到着し式の途中から参列したり、出棺間際に到着してあわただしくお別れをするのでは喪主や遺族、世話係に迷惑をかけることになりますし、故人の前で申し訳ないですよね。心を落ち着けて参列し、故人の冥福を心よりお祈りしたいものですから、必ず余裕をもって出発したいものですね。

さて、会場についてまずすることは受付です。深く一礼をし、簡潔に弔意(お悔やみのことば)を述べます。芳名帳に記入をし、香典を持参している場合は受付係に差し出します。たとえ受付係が知り合いでも私語は慎みます。他の人から香典を預かってきている場合は「お預かりしてきました」とひとこと添えて自分の名前と共にその人の名前も記帳します。代理出席の記帳の仕方は、自分の名前ではなく出席できなかった本人の名前を書きその横に「代」と小さく書き添えます。

席は通常は案内係が案内してくれるのですが、特に指示がない場合は着順が原則なので前の人に続いて着席します。知り合いを見つけた場合でも、話しかけるのはタブーです。「式場でのあいさつは目礼」を心得て、目が合ったら目礼であいさつをするだけにします。むやみに遺族に声をかけるのはやめた方がいいですね。「故人を偲ぶ気持ちが一番のマナー」ということです。

ところで最近はほとんどが葬儀・告別式は同時に行われますが、別々に行われることもあります。一般会葬者はどちらに、またはどちらも参列すべきでしょうか。答えは、「告別式のみ参列する」です。葬儀は遺族や親族のみで営まれるものなので、特に申し出がない場合には、一般の会葬者は告別式から参列するのが普通なのだそうです。

告別式の終了後、出棺の前に遺族は故人と最後の対面をしますが、故人と親しいつきあいのあった人ならば遺族に申し出て対面させてもらっても良いようです。ただし、あまりの悲しみで取り乱してしまう可能性を感じるのであれば辞めた方がいいのかもしれません。