通夜ぶるまい

通夜ぶるまい

通夜ぶるまいに決まりやマナーなどあるのでしょうか。そもそも通夜ぶるまいとは、故人とともにする最後の食事のことです。故人を供養する意味と、弔問客へのお礼の意味でお酒や食事をふるまうものです。

元々は、肉や魚を使わない精進料理を出したものですが、現在ではあまりこだわらなくなったため、寿司がよくだされているようです。ビールや日本酒などのアルコール類にも、お清めの意味合いがあるので必ずふるまわれるのです。

通夜ぶるまいの料理のほとんどは、昔は家で準備したようですが、近頃はたいてい仕出し屋さんなどに注文されることが多くなりました。葬儀社に頼めば手配もしてくれますが、茶菓のみで営まれるところもあるようです。また事情により、通夜ぶるまいを行わない場合には、折り詰めと酒を弔問客に渡すこともあるようです。

個人的には茶菓でも料理でもいいと思いますが、酒や料理を出す通夜ぶるまいだと弔問客も一息つけるせいか、滞在が長くなりがちのようにも思えてきますね。親しかった友人たちなどはつい話しこんでる姿をよく見受けます。そんな姿ももしかしたら故人にとっては嬉しいものなのかもしれませんね。

ところで、神式やキリスト教式の場合はどうなのでしょうか。考えてみれば仏式の通夜しか私は参列したことがありませんでした。神式の通夜も、“直会(なおらい)”と呼ばれる会食をするそうです。お供えした神饌やお神酒を全員でいただくそうですが、肉や魚でもかまわないようです。

一方、キリスト教式では通夜ぶるまいに当たるものはないそうです。司祭や親しい人たちが簡単な会食をすることはあるようですが。

さて、通夜ぶるまいでのマナーですが、やはりはめを外す行為は一番のタブーです。いくらアルコールがふるまわれるといっても思い出を語り、故人を偲ぶしめやかな場ですから、節度だけはわきまえたいものです。時間にすると、だいたい一時間程度で切り上げるのが一般的のようです。故人に一晩中付き添った昔とはずいぶん変化した部分ですね。

たいていは弔問客が気を遣って早々に切り上げるものですが、退席のきっかけがつかめないことってよくありますよね。そんなときは喪主の出番。タイミングを見計らってあいさつをするなどしてお開きにするとよさそうです。