土葬について

土葬について

土葬とは、ご遺体をそのまま土中に埋める埋葬方法であり、世界的には火葬と並んで一般的に行われている方法です。
歴史上もっとも古くに行われたとされるネアンデルタール人による葬儀も土葬の方法であったとされています。
日本においては、古くは陵墓を建設し天皇・皇族は土葬にされるのが一般的でした。
もっとも、現在では天皇・皇族であっても本人の希望で火葬にされることが多いようです。
一般民衆レベルでみると、日本に仏教的思想が入ってくるまでは火葬という考え方よりも土葬の方が一般的であったと言えるでしょう。火葬は日本において仏教思想と共に定着をしてきたという経緯があるからです。
また、地域によってはご遺体を埋葬するための墓地とお墓参りをするための墓地の二つを建設するという両墓制が行われていたところもあり、これは土葬による埋葬を念頭においた習俗であるといわれています。この習俗は火葬が中心となった現在ではほぼ見られなくなっています。
近代においても明治政府は仏教式の葬儀方法である火葬に反対する神道を保護したため一時期火葬を禁止にしたことがあります。
しかし、土葬の場合墓地にする用地の問題が常に存在し都市部を中心に土葬ができなくなったため、上記の火葬禁止はわずか二年で説かれたようです。
このようなことからもわかるように、土葬にする場合はその用地の確保が重要な課題となります。そのため、伝統的に土葬が行われてきたヨーロッパやアメリカを中心とする諸外国でも近年は火葬が中心となってきているみたいです。
この用地の問題に加えて、土葬にすると臭気が出ることや、周辺の土壌や水質など環境に対する影響が生じるという問題があります。このような点から、土葬用の墓地を都市部に作ることは難しいといえ、より一層用地の確保を困難にしています。
ただ、火葬においても燃料の使用や燃焼時に出る物質等による環境負荷はありますので、土葬を見直そうという動きがあるのも確かです。
日本の法律では、土葬も可能とされていますが、一部自治体では土葬を禁じる条例等を制定し規制を行っているので土葬を希望する際にはよく確認する必要があるといえます。
現在においても、土葬は宗教によって根強く残っており、日本においても土葬を希望する方が一定数いるというのが実情のようです。



葬儀地域別情報・神奈川県(他市・町)